【社会保険労務士】エンゼルス大谷選手に学ぶ|東北ビジネスサポート

お問い合わせはこちら

【社会保険労務士】エンゼルス大谷選手に学ぶ|東北ビジネスサポート

【社会保険労務士】エンゼルス大谷選手に学ぶ|東北ビジネスサポート

2021/09/13

毎日エンゼルスの報道が気になる、社会保険労務士の神成です。

 

私は野球観戦が大好きで、広島カープファン歴35年。

青森県人はテレビ放送の関係で巨人ファンが多いのですが、私は物心ついたときから赤ヘルでした。

こと五所川原に至っては、私の周りにカープファンを見たことがありません😢

 

まあ、それはそれとして・・・

赤つながりということではありませんが、カープ以上に気になるのが、エンゼルス・大谷翔平選手です。

 

9月13日現在、投げては9勝、打っては44本塁打、走って走って23盗塁!!

 

心ときめくような活躍ぶり!

彼の活躍で、その日一日が幸せになります^^

 

一昔前までは、投手と打者の「二刀流」など考えられないことでした。

大谷選手はそれを日本のプロ野球で実現し、メジャーリーグで一気に覚醒させました。

 

 

私が人事の仕事をしている中で、常に考えるのは「強み」と「適材適所」です。

生まれ持った強み・才能を見出すお手伝いをし、それに合った仕事をしていただけるようサポートしています。

    ↓↓↓

 ストレングスファインダー

 (参照)STRENGTHS LABO   https://strengths-labo.com/strengthsfinder/

 

人間は、自分の強みにアクセスできているとき、「フロー状態」に入ると言われています。

フロー状態というのは、時間が経つのを忘れるくらい無我夢中になっていることで、「ゾーン状態」とも似ています。

気力が充実し、持てる力が最高に発揮され、心身の疲れも感じづらくなります。

 

 

大谷選手は、自分の強みに生きていると思います。

 

プロ野球の一流選手やOBの皆さんも、ほとんどが二刀流に疑問視していました。

「どちらか一方に絞った方がいい」

こういう声が後を絶ちませんでした。

 

しかし、今こうして、大谷選手は、メジャーリーガーとして圧倒的な成果を出しています。

 

メジャーリーグの選手は口々にこう言います。

 

『100球を投げた翌日、ホームラン。体が痛いはずなのに、どうなっているんだ?』

 

大谷選手自身のフィジカルの強さと、たゆまぬ努力の賜物であることは言うまでも無いと思います。

ただ、大谷選手はこんなコメントを残しています。

 

『僕は、投げて、打ってというのがちょうどいいんです。』

『先発して投げた後でも、打ちたいんです。』

 

投げた後でも、打ちたい! それが楽しい!

これこそが、大谷選手の強みだと思います。

 

二刀流こそが、大谷選手のフロー状態であり、最も疲れを感じないことなのかもしれません。

 

 

最近は、Youtubeで、プロ野球のOBの方々がこう言っています。

 

『大谷君、楽しんでるよね! 野球小僧だよね!』

『見ていて楽しい! 僕らが何も言うこと無いです。』

 

フローに入っている人間は、成果を挙げることで、他の誰かを元気づけることができるのですね!

大谷選手から、こんな素晴らしい気付きをいただくことができました!

 

 

私も、自分自身がフロー状態に入って、青森・五所川原の地から元気を発信していきます!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。